2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

twitter

  • twitter

moon calendar

  • CURRENT MOON

#tag

since 2006.4.29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2014年4月 9日 (水)

test

test

2013年6月 8日 (土)

本日(6月8日)のキャンドルナイトイベント

本日から、キャンドルナイト・イベントが、始まりますね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

★牛乳パックでキャンドルの入れ物をつくろう!

日時:6月8日(土)〜16日(日)9:00〜18:00
場所:札幌市環境プラザ 展示コーナー  北)北8条西3丁目札幌エルプラザ公共4施設2階
内容:牛乳パックを使ってキャンドルナイトイベント時に使用するキャンドルの入れ物を作成します。希望される方は、持ち帰りもOK。
参加費:無料
定員:なし(小学生から大人まで、ご参加いただけます。)
主催:札幌エルプラザ公共施設 
問合先:011-728-1667 (担当:田川)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

★みつろうキャンドルを手作りしよう!

日時:6月8日(土)・11日(火)・18日(火)・22日(土)・25日(火)各日とも午後2時~3時
場所:Earth Cover 中)南2条西10丁目1000-1
内容:やわらかい灯りとやさしい香りで人気の天然素材「みつろう」を使って、キャンドルを2個作ります。
オーガニックアロマオイルでお好きな香りも付けられます。
参加費:1300円(キャンドル2個分)
定員:6名
主催:Earth Cover
問合先:011 – 596 – 8114

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

★北大キャンドルナイト2013プレイベント

日時:6月8日(土)20:00〜22:00
場所:北海道大学構内 大野池
主催:SCSD(Studente Council for Sustainable Development)

2013年5月10日 (金)

イベント開催・キャンドルナイトレストラン実施予定の皆さまへ

 10回目のさっぽろキャンドルナイト、今年は、以前にも増して、新しく参加して下さるところが多 く、ちょっと嬉しい。記者クラブへの投げ込みはしたけれど、残念ながら、載っけてもらえなかったので、何を通して、さっぽろキャンドルナイトのことを知っ て下さったのか、気になるところ。今まで、アンケートの項目に入れてなかったけれど、今回は、入れなくちゃ!と思っています。
 
 さてさて、パンフレット掲載の申込締め切り日は一昨日(8日)だったのですが、「しまった、忘れていた!」「もろもろ決まるのが来週!」などという所も、「もうダメよね・・・」と思わずに、ぜひとも、一声かけて下さいね。よろしくお願いします。<(_ _)>

 あと、提出したけれど、「間違ってた!」とか、「変更になった!」とか、「追加が〜!」とかも、どうぞ、遠慮なくお知らせ下さい。

 実行委員会一同、すてきなキャンドルナイトの機会を、より多くの皆さんにお知らせしていきたいと思っています。(^^)/

ホームページも、2013年版になっています。↓
申込用紙は、こちらからもダウンロードできます。

   さっぽろキャンドルナイト2013

また、参加登録を、webから直接入力できるようにしています。
ご利用いただけたら幸いです。

■イベント・レストラン登録ページ協力・協賛登録ページ 

2013年4月14日 (日)

さっぽろキャンドルナイト2013 参加・協力の募集を開始しています。

Photo_2

さっぽろキャンドルナイトは、今年で10回目を迎えることができました。今年の夏至は、6月21日(金)です。
現在、キャンドルナイト・イベントやキャンドルナイト・レストラン、協力・協賛していただける企業さんや団体を募集中です。
詳細は、こちらから↓
イベントやレストランの募集
協力・協賛の募集

実行委員会では、原点の「でんきを消して、スローな夜を」のメッセージを、しっかり伝えていきます。皆さま、どうぞ、よろしくお願いします。

2012年6月28日 (木)

みつろうキャンドルを作ってきました!

6月26日にearth coverさんで行われた「みつろうキャンドルを手作りしよう!」に参加してきました

みつろうとは、ミツバチが巣を作るために体の中で作りだすロウのことで、ミツバチが花の蜜を体の中ではちみつに作り変えている時に、おなかからでるロウのことです。
ミツバチは、このロウを口に入れて、20分くらいかみ続け、ミツロウに変化するそうです。
ビックリ!20分もかむのですね
今回使ったミツロウは黄色い色をしていましたが、鉢の種類(吸う花の種類)によっては、乳白色や茶色い色をしたミツロウもあるそうです。

この自然界から生まれたミツロウは、保湿性、殺菌性にとっても優れている自然素材として、キャンドルの他にリップバームやハンドクリームを作るのに最適だそうです
1Kgのミツロウを作るのにミツバチが飛ぶ距離は…、

またまたビックリ!なんと、地球8周分(32万キロ)!!!

今回は、このとっても貴重なミツロウを使って、2つのキャンドルを作ってきました

1

使用するのは、1つのキャンドルにつき、ミツロウ20グラムと、好きな香りのエッセンシャルオイル。
私は、「イラン・イラン」と「下川のMOMI」のオイルをチョイスしました。
もちろん、香りを付けなくてもOKです。自然のミツロウは優しい植物のような香りがします。




2

次に、小さな紙コップを用意して、1つ当たり20グラムのミツロウを計り、お家にある空き缶などに入れてください。
空き缶を使用するのは、次に溶かす際に、熱のとおりが良いためです。

大きなキャンドルを作りたい方は、容器に合わせてミツロウの量を調整してください。
あまり大きい物を選んでしまうと、最初は固まるのにちょっと苦労するかもしれません。

3_5


お鍋に、缶に入ったミツロウが浸かるくらいのお湯を入れて火にかけます。





4

コツは、ミツロウを解かしている間に割り箸などで軽く混ぜ合わせてて、ロウが透明に溶けるまでじっくりと温めていくことです。
缶は熱くなるので軍手などを履いてください!

その間に、用意した紙コップに、芯となるキャンドル用の紐をたらします。
この紐は、東急ハンズなどでキャンドル用として販売されています。


5

紐を爪などで極力まっすぐにのばして、紙コップの中心にまっすぐたれるようにしてください。
割っていない割り箸にはさめて準備します。

ここでのコツは、紐を中心に垂らすこととと、紙コップの底にギリギリ触れるくらいに長さを調整することです!
上に余った部分はハサミで切れば良いので、下に合わせてくださいね~。

混ぜていたミツロウが全て溶けたら、用意した紙コップに流します。

6_2

ミツロウはすぐに固まってしまうので、手早くエッセンシャルオイルを垂らしてください。
今回は5滴、入れました
オイルはお好みで調整してくださいね~。
ちなみに、今回使用したのは、アースカバーさんでも販売しているオーガニックのエッセンシャルオイルです。

7

そのまま15分くらい放置すると、だんだんと色が濁ってきて固まります。
動かすと淵についたまま固まってしまうので、そのまま放置してください。

後は辛抱強く待つだけ!
有る程度固まったら完成です~


大体半日~1日置いた後、コップをハサミで切って綺麗にはがすとキャンドルの出来上がり!

使用するときは、溶けやすいので耐熱性のガラスに入れていただくか、下にアルミホイル等を敷いて灯してください、とのこと

簡単!に好きなオイルを使って自分好みのキャンドルが作れちゃいます

 

8_2

早速灯してみましたよ~いかがですか?

作成時間は30分程度。
ミツロウは15グラム300円くらいで売っています!

本当に楽しく、簡単に作ることができました。
灯すだけではなく、薔薇の香りを付けておトイレに置いたり、クレヨンを削って色をつけたり、自分なりにアレンジしてみるのもいいですね~

教えてくださったアースカバーの千徳さん、本当にありがとうございました
(はな)


みなさんもぜひぜひ作ってみてくださいね~。

«でんきを消して,スローな夜を・・・